交通事故による精神障害

交通事故によって下半身がマヒしてしまった、腕が動かなくなってしまったという悲惨な話はよく耳にしますし、さまざまな後遺障害に苦しんでいる人たちの話もよく耳にします。こうしたことは現実に起こっていますし、いつ自分がそのような状況に置かれるかもわかったものではありません。また、身体的な障害ばかりが取りざたされていますが、交通事故による後遺障害では精神に関連するものもあります。

うつ病うつ病やPTSDなどがそれに該当します。交通事故に遭ったものの奇跡的にほぼ無傷で生還した、という話もたまに耳にしますが、体に損傷がないだけで実は精神に重大な後遺症を残している可能性はあります。事故が原因でうつ病になってしまったという話もありますし、事故によるトラウマが原因で車に乗れなくなってしまった、外に出るのが怖くなってしまったという話もあります。このように、交通事故による後遺障害は身体的なものだけではないのです。

体の後遺障害も確かに厄介ですが、精神的な後遺症害はさらに厄介です。今後さまざまな恐怖に耐えながら生きていくことになるでしょうし、常人には計り知れない恐怖の中で生きていくことを強いられることにもなります。ここでは、交通事故による精神の後遺障害についてお話しますから、気になった方はぜひ読み通してください。今は関係のない話かもしれませんが、もしかするといつかここで読んだことが役に立つかもしれません。そうなれば幸いです。