認定を受けるには


身体的な障害の場合だと認定を受けるのはそう難しくないと言われています。簡単とは言えませんが、きちんと手順を踏んで手続きを行うことで障害の度合いに応じた認定を受けることは可能です。しかし、精神的な後遺障害となるとそれすら難しいのが現状です。何しろ表からは見えないわけですし、裁判でも交通事故によってPTSDが発症したということを明確に証明しなくてはならないのです。これは簡単なことではありませんし、立証できずに後遺障害と認められなかった、認定を得られなかったという話もよく聞きます。

弁護士こうした事態を回避するにはどうしたらいいのかということですが、もっとも賢明なのは交通事故による後遺障害に強い弁護士に相談することです。弁護士が得意とする領分もまちまちですが、こうした案件に強い弁護士というのも確かに存在します。確かなノウハウと実績のある弁護士ならきちんと対応してくれるでしょうから、まずは後遺障害に強い弁護士を見つけてみましょう。特に、精神的な後遺障害の認定取得に強いと公言しているような弁護士ならなお安心かもしれません。インターネットを利用すればそうした弁護士や法律事務所も比較的スムーズに見つけられるでしょう。