精神的なショック


PTSD

車と人、車と車など交通事故にもさまざまなパターンがありますが、いずれにせよ事故に遭うとケガをしてしまうことがほとんどです。稀にまったくの無傷ということもありますが、車同士や車と人との事故などの場合だと想像以上に強い力が発生していますし、まったくの無傷で済むということはまずないでしょう。酷い場合だと集中治療室行きの大けがを負ってしまうこともありますし、体の一部が欠損してしまうほどの重傷を負ってしまうこともあります。また、事故によって大きな精神的ショックを受けてしまうということもよくあります。

一次的なショックならまだしも、うつ病やPTSDといった精神的な障害を発症することもあります。交通事故に遭う直前、もしくは遭った瞬間のことがショックでそれをいつまでも引きずってしまうのです。普通に生活しているだけでも事故のときの様子がフラッシュバックしたり、夢に出てきたりすることもあります。車に乗ると手が震えたり、頭が痛くなってしまうようなこともあります。このように、交通事故が原因での精神的障害というのは実際に起こりえますし、しかもかなり厄介です。外から見えない障害だからこそより厄介と言えるのではないでしょうか。